img_bath.png


2007年の日本内科学会総会で
「糖尿病とメタボリック症候群の治療における食事療法と水素水飲用の有効性」
が発表されて以来、
当院では、多くの患者さんのご協力により、水素水の有効性に関する検証を行ってきました。
厚生労働省が発表したデータによると、糖尿病患者は300万人、
メタボリック症候群患者においては940万人にも上ります。
そのため、当院に来院できない全国にいる糖尿病やメタボリック症候群に悩まれている方々に対して、
少しでもお役に立つ情報発信が目的で、当ブログを開設しました。
当院では「水素水飲用法」(いつ、どのタイミングで、どのぐらいの量を、どれぐらいの回数飲用するか)を導入し、
多くの患者さんで多くの成果が得られています。


------ 目次 ------

▼水素水について知りたい方
1.水素水とは  2.水素水の効果効能  3.水素水と他の水との違い
4.水素水の本当・ウソ

▼水素水と病気について
5.糖尿病と水素水  6.メタボリック症候群と水素水

▼水素水を検討している方
7.水素水選びのポイント  8.様々な水素水商品
9.<検証結果>効果がある水素水  10.<検証結果>効果がない水素水

水素水生成器のメリット・デメリット

家庭で手軽に水素水を生成することができるのが水素水生成器で、
ポットに水を入れることで水素水を生成する「ポット型」と
水道に直結する浄水器タイプの「水道直結型」に分かれます。

いずれのタイプの水素水生成器も、
水を電気分解することで、水素ガスを発生させ、
その水素ガスを瞬時に水に溶解させるという方式です。

今のところ、水素水商品の中で、最も優れた水素水を生成することができますが、
製品によって、価格もさることながら、
「水素濃度」と「水素の溶解方法(→残留水素の持続時間に関わる)」が異なり、
それによって、得られる効果や使い勝手に大きく差が出ます。


◆水素水生成器のメリット
・購入してしまえば、ランニング・コストを抑えられる(1L当たり数円〜数十円)
・安定した水素水を生成することができる

◆水素水生成器のデメリット
・水素水パックや水素水スティックに比べて購入価格が高い
・製品の劣化によって、生成できる水素量が減少していく

⇒ <検証結果>効果がある水素水
posted by Dr. Sakurai at 21:57| Comment(0) | 8.様々な水素水商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水素水サーバーのメリット・デメリット

スポーツジムやフィットネスクラブなどでは、ウォーターサーバー型の水素水を見かけます。
水素水サーバーは、水素水の生成方式が「電気分解方式のもの」と「マグネシウム反応方式のもの」に分かれ、
さらに機能的に「温水・冷水が出るもの」と「常温のままのもの」、「水道水を使用できるもの」と「水道水を使用できないもの」に分かれます。

マグネシウム・フィルターを内蔵した水素水サーバーの場合、
水素を水に溶解させる圧力を、水が上から下に流れる水流に任せているため、
0.5ppm以上の水素濃度は期待できません。

温水・冷水が出る水素水サーバーの場合には、
生成した水素水を一旦、タンクに溜めてから、温水・冷水にするため、
その段階で、多くの水素が抜けてしまいます。

また、水道水を使用する水素水サーバーは、
まずは、水道水をろ過フィルターに通します。
ろ過した水は電気分解しにくくなるため、
「電気分解方式」で「水道水を使用できるもの」は、水素濃度が格段に落ちます。

そのため、水素水サーバーを購入する場合には、
「電気分解方式」で「常温のまま」で「水道水を使用できないもの」が良いでしょう。

◆水素水サーバーのメリット
・購入してしまえば、ランニング・コストを抑えられる

◆水素水サーバーのデメリット
・購入価格が高い
・場所を取る
・内部の洗浄など、メンテナンスが大変
・製品の劣化によって、生成できる水素量が減少していく

⇒ <検証結果>効果がある水素水
posted by Dr. Sakurai at 20:42| Comment(0) | 8.様々な水素水商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。