img_bath.png


2007年の日本内科学会総会で
「糖尿病とメタボリック症候群の治療における食事療法と水素水飲用の有効性」
が発表されて以来、
当院では、多くの患者さんのご協力により、水素水の有効性に関する検証を行ってきました。
厚生労働省が発表したデータによると、糖尿病患者は300万人、
メタボリック症候群患者においては940万人にも上ります。
そのため、当院に来院できない全国にいる糖尿病やメタボリック症候群に悩まれている方々に対して、
少しでもお役に立つ情報発信が目的で、当ブログを開設しました。
当院では「水素水飲用法」(いつ、どのタイミングで、どのぐらいの量を、どれぐらいの回数飲用するか)を導入し、
多くの患者さんで多くの成果が得られています。


------ 目次 ------

▼水素水について知りたい方
1.水素水とは  2.水素水の効果効能  3.水素水と他の水との違い
4.水素水の本当・ウソ

▼水素水と病気について
5.糖尿病と水素水  6.メタボリック症候群と水素水

▼水素水を検討している方
7.水素水選びのポイント  8.様々な水素水商品
9.<検証結果>効果がある水素水  10.<検証結果>効果がない水素水

目的別:水素水選びのポイント(2) 疾患・症状がある場合

既に何らかの疾患・症状をお持ちの方は、
「継続的な飲用」と「1日、複数回の飲用」が大前提となりますので、
水素水の性質と経済的観点から、「水素水生成器」をおすすめします。


ただし、あらゆる疾患・症状に対して、水素水の効果効能があるわけではありません。
そのため、ご自身のもつ疾患・症状に合うかどうかをご確認のうえ、
当院での検証結果をご参考いただき、ご自身に合った水素水商品を選びましょう。
⇒ <検証結果>効果がある水素水

◆水素水の疾患・症状に対する効果効能
水素水は、水素分子がもつ還元力作用や特性により、20種類以上の疾患や症状に対する効果効能が医学的な臨床試験により証明されています。

疲労回復
糖尿病
血栓
動脈硬化
脳卒中
脳梗塞
心筋梗塞
高脂血症
アトピー性皮膚炎
ぜんそく
関節リウマチなどのアレルギー性疾患・免疫疾患
メタボリック症候群
認知症・痴呆症、
アルツハイマー病
パーキンソン病をはじめとする神経疾患
筋ジストロフィーをはじめとする筋疾患
肝臓疾患
腸疾患
膵臓疾患
呼吸器疾患
新生児・小児疾患
眼疾患・白内障
歯周病
ストレス性胃潰瘍
放射線による健康被害の軽減
posted by Dr. Sakurai at 15:08| Comment(0) | 7.水素水選びのポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目的別:水素水選びのポイント(1) 健康維持・美容のため

特に気になる疾患や症状がない方は、
「容器に入った水素水」のお試しセットを購入してみるのが得策です。

日々の健康維持や美容目的であれば、
毎朝、500mlの水素水を飲用する程度で、目的は十分に果たせます。


ただし、十分な効果を得られない水素水商品もありますので、
当院での検証結果をご参考のうえ、ご自身に合った水素水商品を選びましょう。
⇒ <検証結果>効果がある水素水
posted by Dr. Sakurai at 14:56| Comment(0) | 7.水素水選びのポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。