img_bath.png


2007年の日本内科学会総会で
「糖尿病とメタボリック症候群の治療における食事療法と水素水飲用の有効性」
が発表されて以来、
当院では、多くの患者さんのご協力により、水素水の有効性に関する検証を行ってきました。
厚生労働省が発表したデータによると、糖尿病患者は300万人、
メタボリック症候群患者においては940万人にも上ります。
そのため、当院に来院できない全国にいる糖尿病やメタボリック症候群に悩まれている方々に対して、
少しでもお役に立つ情報発信が目的で、当ブログを開設しました。
当院では「水素水飲用法」(いつ、どのタイミングで、どのぐらいの量を、どれぐらいの回数飲用するか)を導入し、
多くの患者さんで多くの成果が得られています。


------ 目次 ------

▼水素水について知りたい方
1.水素水とは  2.水素水の効果効能  3.水素水と他の水との違い
4.水素水の本当・ウソ

▼水素水と病気について
5.糖尿病と水素水  6.メタボリック症候群と水素水

▼水素水を検討している方
7.水素水選びのポイント  8.様々な水素水商品
9.<検証結果>効果がある水素水  10.<検証結果>効果がない水素水

2013年05月05日

酸化還元電位がマイナスなほど、水素濃度(水素量)が高い | 水素水の本当・ウソ

酸化還元電位(ORP=Oxidation Reduction Potential)とは、
ある物質が、他の物質を酸化させやすい状態にあるか、または還元しやすい状態にあるかを表す指標、
と一般的には言われていますが、
厳密には「酸化体の活量(酸化させる力)と還元体の活量(還元させる力)との差を電位差(mV:ミリボルト)で表したもの」になります。

実際、酸化還元電位を測るということは、「(酸化体によって)電子が奪われる量」と「(還元体によって)電子を与える量」の差を測ることであるため、
還元体を増やし、酸化体を減らせば、酸化還元電位はマイナスに下がっていきます。
極端な話、還元体が1で酸化体が0の水と、還元体が100で酸化体が99の水の酸化還元電位は同じということです。

酸化還元電位をマイナスにする物質(還元体)は、水素以外にも多くあります。
特に、水道水を電気分解して水素水や還元水を生成する製品では、
水道水にはカルシウムとナトリウムが多く含まれており、
それらが陰極側に、還元体であるカルシウムイオンとナトリウムイオンとして集まります。

還元体自体が少なくても、酸化体が少なければ、相対的に酸化還元電位は大きくマイナスとなります。
水を電気分解すると、陰極側の水は酸化体の代表格である酸素が少なくなるため、
還元体が多くなくても、酸化還元電位はマイナスに近づきます。

仮に、水に含まれる還元体が水素だけであった場合でも、
水素の濃度は同じでも、水素を加える方法によって、酸化還元電位の数値が異ります。

酸化還元電位がマイナスなほど、水素濃度(水素量)が高い
⇒ ウソ

なお、酸化還元電位の数値の差による人体への作用は医学的な臨床試験では判っておりません。
そのため、酸化還元電位の数値よりも、
「何で酸化還元電位がマイナスになっており、その物質の作用はどういうものか」
ということが何よりも重要なことです。
posted by Dr. Sakurai at 03:31| Comment(0) | 4.水素水の本当・ウソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水素水の水素濃度(水素量)が高いほど、効果が高い | 水素水の本当・ウソ

放射線の投射による細胞の生存率と水素濃度の関係を調査した実験により、
約0.4ppmまでは効果と水素濃度に密接な関係があり、
約0.4ppm以上になると効果と水素濃度は無関係になる、
ということが判っております。
これは、体内にある水素分子を感知する水素レセプターが数量的に一定であるためです。

また、中部大学の近藤教授らの研究グループにより、
水素水を摂取した場合、水に含まれる水素の約6割は体内で消費・吸収されず、
呼気時に体外へ排出されてしまうことが判っております。

これらをまとめると、水素水によって水素を摂取する場合、
水素濃度1.0ppm以下であれば、
水素濃度0.4ppmよりも水素濃度0.8ppmの方がより効果が得られますが、
水素濃度1.0ppm以上であれば、
水素濃度1.2ppmでも水素濃度1.6ppmでも効果は無関係ということが言えます。

水素水の水素濃度(水素量)が高いほど、効果が高い
⇒ 本当でもあり、ウソでもある
posted by Dr. Sakurai at 03:19| Comment(1) | 4.水素水の本当・ウソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。