img_bath.png


2007年の日本内科学会総会で
「糖尿病とメタボリック症候群の治療における食事療法と水素水飲用の有効性」
が発表されて以来、
当院では、多くの患者さんのご協力により、水素水の有効性に関する検証を行ってきました。
厚生労働省が発表したデータによると、糖尿病患者は300万人、
メタボリック症候群患者においては940万人にも上ります。
そのため、当院に来院できない全国にいる糖尿病やメタボリック症候群に悩まれている方々に対して、
少しでもお役に立つ情報発信が目的で、当ブログを開設しました。
当院では「水素水飲用法」(いつ、どのタイミングで、どのぐらいの量を、どれぐらいの回数飲用するか)を導入し、
多くの患者さんで多くの成果が得られています。


------ 目次 ------

▼水素水について知りたい方
1.水素水とは  2.水素水の効果効能  3.水素水と他の水との違い
4.水素水の本当・ウソ

▼水素水と病気について
5.糖尿病と水素水  6.メタボリック症候群と水素水

▼水素水を検討している方
7.水素水選びのポイント  8.様々な水素水商品
9.<検証結果>効果がある水素水  10.<検証結果>効果がない水素水

水素水を飲むと汗が多く出る | 水素水の本当・ウソ

水素水を飲むと、ほとんどの方が「発汗量が増えた」と言います。
寝汗が増えて、風邪をひいた、という方も少なくありません。

しかし、多くの水素水商品販売業者は、
「水素水を飲むと、体内の水分量が増えるため、尿と汗の量が増えます」
とデタラメなことを言います。

1.水素水を飲んでも、体内の水分量は増えない
確かに、水素水を飲用することで、含まれる水素分子と活性酸素が結合して水分子となりますが、
その量は、水素濃度0.4ppmの水素水を1L飲み、すべての水素分子が体内で吸収された場合、
たかだか0.4mgでしかありません。

2.そもそも発汗量は水分量とは比例しない
体内には、体の温度を感知するセンサーがあり、センサーが体温上昇を感知すると、
体がオーバーヒートしないように発汗により、体の熱を下げます。
そのため、発汗量と関係があるのは体温であり、そもそも水分量はたいして関係がないのです。

3.水素水を飲むと、体温が上昇する
人は、細胞内のミトコンドリアで、グルコース(ブドウ糖)からエネルギー(ATP)を産出します。
水素水を飲用することで、ミトコンドリアのエネルギー(ATP)産出量が30%増加することが判っております。

このATPはそのままエネルギーとして活用されるわけではなく、
ADPという物質に分解され、このADPになる過程で発生するエネルギーが、エネルギーとして消費され、
さらには体温の上昇につながります。
そして、産出されたATPは、貯蔵されることなく、通常の細胞では1分以内に消費されることになります。

そのため、水素水を飲用することでATPの産出量が30%増加すれば、
必然的にATPからADPへと分解される量が増えるため、
水素水を飲用していない場合に比べて、体温が上昇することになります。

水素水を飲むと汗が多く出る
⇒ 本当
ただし、体内の水分量が増えるからではなく、体温が上昇するため
posted by Dr. Sakurai at 12:48| Comment(0) | 4.水素水の本当・ウソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

水素水はいつ飲んでも効果は同じ | 水素水の本当・ウソ

ほとんどの水素水商品の販売業者は
「いつ飲んでも水素水の効果は同じです。」と言います。

しかし、論文として発表されている医学的な臨床試験においても、
当院で行っている水素水飲用法における臨床試験においても、
こと、糖尿病患者とメタボリック症候群患者においては、
“いつ飲むか”というタイミングで、
水素水の効果(数値)が大きく変化することが判っております。


むしろ、水素水は「どれだけの量を飲むか」よりも、
「どのタイミングで飲むか」が重要です。


水素水はいつ飲んでも効果は同じ
⇒ ウソ
posted by Dr. Sakurai at 04:02| Comment(2) | 4.水素水の本当・ウソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。