img_bath.png


2007年の日本内科学会総会で
「糖尿病とメタボリック症候群の治療における食事療法と水素水飲用の有効性」
が発表されて以来、
当院では、多くの患者さんのご協力により、水素水の有効性に関する検証を行ってきました。
厚生労働省が発表したデータによると、糖尿病患者は300万人、
メタボリック症候群患者においては940万人にも上ります。
そのため、当院に来院できない全国にいる糖尿病やメタボリック症候群に悩まれている方々に対して、
少しでもお役に立つ情報発信が目的で、当ブログを開設しました。
当院では「水素水飲用法」(いつ、どのタイミングで、どのぐらいの量を、どれぐらいの回数飲用するか)を導入し、
多くの患者さんで多くの成果が得られています。


------ 目次 ------

▼水素水について知りたい方
1.水素水とは  2.水素水の効果効能  3.水素水と他の水との違い
4.水素水の本当・ウソ

▼水素水と病気について
5.糖尿病と水素水  6.メタボリック症候群と水素水

▼水素水を検討している方
7.水素水選びのポイント  8.様々な水素水商品
9.<検証結果>効果がある水素水  10.<検証結果>効果がない水素水

水素水の基礎知識(3) 水素水は一気に飲むより複数回に分けて飲む方が効果が高い

体内の水素分子を感知する水素レセプターが数量的に一定であるため、
同じ水素濃度の水素水を同じ量飲んだ場合、一気に飲むよりも、複数回に分けて飲んだ方が効果が高い。

#名古屋大学の大野教授らのグループによる研究結果
パーキンソンモデルラットを飼育しているケース内に2%の水素ガスを継続流入させた継続摂取グループと、1時間に15分間だけ流入させた間欠摂取グループを比較しました。
パーキンソン症状改善度は間欠摂取グループは67%で、継続摂取グループの17%を大きく上回りました。
この結果から、水素の摂取は間欠摂取の方が効果的だということが示唆されました。
ラベル:水素水 水素分子
posted by Dr. Sakurai at 14:56| Comment(0) | 1.水素水とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水素水の基礎知識(2) 水素の約6割は体内で使用されない

人が水素水を摂取した場合、水素水に含まれる水素分子のうち約6割が、呼気時に体外へ排出されてしまう。

#中部大学の近藤教授らのグループによる研究結果
ラベル:水素水 水素分子
posted by Dr. Sakurai at 14:47| Comment(0) | 1.水素水とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。