img_bath.png


2007年の日本内科学会総会で
「糖尿病とメタボリック症候群の治療における食事療法と水素水飲用の有効性」
が発表されて以来、
当院では、多くの患者さんのご協力により、水素水の有効性に関する検証を行ってきました。
厚生労働省が発表したデータによると、糖尿病患者は300万人、
メタボリック症候群患者においては940万人にも上ります。
そのため、当院に来院できない全国にいる糖尿病やメタボリック症候群に悩まれている方々に対して、
少しでもお役に立つ情報発信が目的で、当ブログを開設しました。
当院では「水素水飲用法」(いつ、どのタイミングで、どのぐらいの量を、どれぐらいの回数飲用するか)を導入し、
多くの患者さんで多くの成果が得られています。


------ 目次 ------

▼水素水について知りたい方
1.水素水とは  2.水素水の効果効能  3.水素水と他の水との違い
4.水素水の本当・ウソ

▼水素水と病気について
5.糖尿病と水素水  6.メタボリック症候群と水素水

▼水素水を検討している方
7.水素水選びのポイント  8.様々な水素水商品
9.<検証結果>効果がある水素水  10.<検証結果>効果がない水素水

2013年05月08日

Lourdes 水素水生成器 | 効果がある水素水

◆多くの患者さんのご協力により、当院で行った臨床結果
商品名 評価 被験者数 効果が得られた人数
1ヶ月目 3ヶ月目
血糖値C 脂質代謝 血糖値C 脂質代謝
Lourdes(水素水生成器) A- 13人 8人 11人 10人 12人

◆商品の特徴
・1.2ppmの高濃度の水素溶存が生成後から12時間持続する。
・1台で水素水もオゾン水も生成できる。

◆医師としての見解
水素の溶存濃度は、十分に水素水の効果を期待できる程度の数値ですが、
生成後から12時間経過しても水素の溶存濃度1.2ppmが持続するという点で、
容器に移し換えても十分な水素水の効果を得ることができるため、
分割飲用と飲用のタイミングが重要な糖尿病患者で期待以上の効果が得られたと考えます。
また、十二指腸で水素分子が溶けてしまう量が少なく抑えられることから、
血糖値コントロール指数と脂質代謝の数値ともに、非常に優秀な効果が得られたと考えます。

生成方法 水素の溶存濃度 ph 容量
電気分解方式 1.2ppm
ph8.0〜ph8.4 1,800ml

◆価格
138,000円(税込)

◆商品の詳細
http://suisowater.net/suiso/
※当サイトはアフィリエイトではございません
posted by Dr. Sakurai at 02:30| Comment(4) | 9.<検証結果>効果がある水素水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
水素水に興味があり色々検索していたら先生のブログにあたりました。
どういう風にルルドとアキュエラブルーで作った水素水の十二指腸内の水素分子を測ったのですか?
先生が紹介しているルルドとアキュエラブルーは電気分解を採用しているとありますが、電気分解で作る水素分子が種類に違いんですか?
種類が違うから持ち運びに差があるんですよね?
水素分子種類が違うのならば、その根拠を教えてもらえますか?
個人的にどちらを購入したらよいか迷っていますので、アドバイス宜しくお願いします。

Posted by 鈴木 at 2013年09月06日 17:39
ルルドは水分子をバラバラにして一つ一つの分子に水素を共有結合させているので
長時間経過後も高濃度の溶存水素量を維持できるのだと
メーカー、販売業者は説明していますが、これがよくわかりません。

これって現時点では未解明の、水のクラスター仮説が前提の説明ではないのでしょうか?
未解明測定不能ゆえに、この仮説を応用したと称する製品はいずれも似非科学製品とされていますよね。

もし本当に12時間経過後も水素濃度が高く維持されているとしたら、クラスター仮説が証明されたことになってしまい、科学界にとっても結構大変な出来事ってことになりませんか?

楽天かどこかの購入者レビューの中に、ルルドで作った水を水素判定試薬でテストしたが、12時間後は判定不能だった
というようなことを書いている方がいました。
この方は自分が使った判定試薬は12時間後の水を判定できない特性があるのかも...
みたいに濁していましたが、そんな器用な試薬があるとは思えないので、
つまり他の水素水と同じく、実は12時間後には水素は残っていないってことではないでしょうか?

そこで
先生お手持ちのルルドで作った水素水の水素濃度を時間ごとに測って公表していただけないでしょうか?
Posted by 水 at 2013年09月24日 18:11
体内の活性酸素と水素が結びつくには
なんらかのエネルギーを与えてやる必要は
無いのですか?

一般的な水素の酸化反応の場合アーク放電や
炎の近くで燃焼反応が起きるものですが
体内でそんな爆発的な反応が起こったら
死にますよねw、

つまり酸素と水素を気体として混ぜておいても
水にはならないのと同じ原理ではないのでしょうか?
Posted by エイキ at 2014年06月11日 01:58
「生成後から12時間経過しても水素の溶存濃度1.2ppmが持続する」というのは太田成男先生も指摘していますが噓です。抜けにくい水素などありません。

「十二指腸で水素分子が溶けてしまう量が少なく抑えられる」というのもメーカーサイトからの受け売りですね。

かといってルルドが悪い水素水と言うわけではないですが念のため。
Posted by tune at 2015年08月29日 19:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。