img_bath.png


2007年の日本内科学会総会で
「糖尿病とメタボリック症候群の治療における食事療法と水素水飲用の有効性」
が発表されて以来、
当院では、多くの患者さんのご協力により、水素水の有効性に関する検証を行ってきました。
厚生労働省が発表したデータによると、糖尿病患者は300万人、
メタボリック症候群患者においては940万人にも上ります。
そのため、当院に来院できない全国にいる糖尿病やメタボリック症候群に悩まれている方々に対して、
少しでもお役に立つ情報発信が目的で、当ブログを開設しました。
当院では「水素水飲用法」(いつ、どのタイミングで、どのぐらいの量を、どれぐらいの回数飲用するか)を導入し、
多くの患者さんで多くの成果が得られています。


------ 目次 ------

▼水素水について知りたい方
1.水素水とは  2.水素水の効果効能  3.水素水と他の水との違い
4.水素水の本当・ウソ

▼水素水と病気について
5.糖尿病と水素水  6.メタボリック症候群と水素水

▼水素水を検討している方
7.水素水選びのポイント  8.様々な水素水商品
9.<検証結果>効果がある水素水  10.<検証結果>効果がない水素水

2013年05月05日

水素は小さい分子であるため、ペットボトルだとすぐ抜ける| 水素水の本当・ウソ

ペットボトルの原材料は、高分子(大きな分子)であるため、どのような素材でも「気体を通過させてしまう性質(気体透過性)」をもっています。
そして、気体の性質上、気圧の高いところから低いところへ逃げていきます。

以上のことから、
・容器内の気圧と外部の気圧(常気圧)の差が大きければ大きいほど、
ペットボトルの場合だと、素材を通過して、水素が抜けてしまいますが、
ペットボトル以外の容器でも真空状態でない限り、蓋を開けた瞬間に大量に逃げてしまいます。
・容器内と外部の気圧差だけでなく、圧力によって水の中に水素を押し込んだ場合でも、
その圧力と外部の気圧との差で、水素が抜けてしまう。

水素は小さい分子であるため、ペットボトルだとすぐ抜ける
⇒ 間違ってはいないものの、正確でもない
posted by Dr. Sakurai at 03:52| Comment(0) | 4.水素水の本当・ウソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。