img_bath.png


2007年の日本内科学会総会で
「糖尿病とメタボリック症候群の治療における食事療法と水素水飲用の有効性」
が発表されて以来、
当院では、多くの患者さんのご協力により、水素水の有効性に関する検証を行ってきました。
厚生労働省が発表したデータによると、糖尿病患者は300万人、
メタボリック症候群患者においては940万人にも上ります。
そのため、当院に来院できない全国にいる糖尿病やメタボリック症候群に悩まれている方々に対して、
少しでもお役に立つ情報発信が目的で、当ブログを開設しました。
当院では「水素水飲用法」(いつ、どのタイミングで、どのぐらいの量を、どれぐらいの回数飲用するか)を導入し、
多くの患者さんで多くの成果が得られています。


------ 目次 ------

▼水素水について知りたい方
1.水素水とは  2.水素水の効果効能  3.水素水と他の水との違い
4.水素水の本当・ウソ

▼水素水と病気について
5.糖尿病と水素水  6.メタボリック症候群と水素水

▼水素水を検討している方
7.水素水選びのポイント  8.様々な水素水商品
9.<検証結果>効果がある水素水  10.<検証結果>効果がない水素水

2013年05月05日

水素水の水素濃度(水素量)が高いほど、効果が高い | 水素水の本当・ウソ

放射線の投射による細胞の生存率と水素濃度の関係を調査した実験により、
約0.4ppmまでは効果と水素濃度に密接な関係があり、
約0.4ppm以上になると効果と水素濃度は無関係になる、
ということが判っております。
これは、体内にある水素分子を感知する水素レセプターが数量的に一定であるためです。

また、中部大学の近藤教授らの研究グループにより、
水素水を摂取した場合、水に含まれる水素の約6割は体内で消費・吸収されず、
呼気時に体外へ排出されてしまうことが判っております。

これらをまとめると、水素水によって水素を摂取する場合、
水素濃度1.0ppm以下であれば、
水素濃度0.4ppmよりも水素濃度0.8ppmの方がより効果が得られますが、
水素濃度1.0ppm以上であれば、
水素濃度1.2ppmでも水素濃度1.6ppmでも効果は無関係ということが言えます。

水素水の水素濃度(水素量)が高いほど、効果が高い
⇒ 本当でもあり、ウソでもある
posted by Dr. Sakurai at 03:19| Comment(1) | 4.水素水の本当・ウソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は会社で金属酸化について研究するものです、医学の面ではよくわからないことが多いのですが、わかっていることを話しますと、皆さんもお分かりのように酸素は酸化を促進し水素は逆に効酸化作用があります、もちろん濃い水素ですと高い効酸化作用が認められます、濃い酸素ですとすぐに金属酸化作用が発生します、が普通の水素と活性水素とでは溶存率で比較すると効酸化作用は別物といえるくらい違いがあります、電気分解ガスで得られた水素のみにその効果が出ます、同様に空気中から窒素を取り除いてできる酸素と電気分解ガスで得られる活性酸素とでは作用は同様であっても別物なのです、ですから活性酸素を取り除く還元作用においても電気分解ガスで得られたものではないとそれほど効果という面では違いがあるように感じます。もし研究者が居られましたら無償で活性水素水を提供しますよ、医学に役立ててください。
Posted by 永田 純之 at 2014年02月25日 13:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。