img_bath.png


2007年の日本内科学会総会で
「糖尿病とメタボリック症候群の治療における食事療法と水素水飲用の有効性」
が発表されて以来、
当院では、多くの患者さんのご協力により、水素水の有効性に関する検証を行ってきました。
厚生労働省が発表したデータによると、糖尿病患者は300万人、
メタボリック症候群患者においては940万人にも上ります。
そのため、当院に来院できない全国にいる糖尿病やメタボリック症候群に悩まれている方々に対して、
少しでもお役に立つ情報発信が目的で、当ブログを開設しました。
当院では「水素水飲用法」(いつ、どのタイミングで、どのぐらいの量を、どれぐらいの回数飲用するか)を導入し、
多くの患者さんで多くの成果が得られています。


------ 目次 ------

▼水素水について知りたい方
1.水素水とは  2.水素水の効果効能  3.水素水と他の水との違い
4.水素水の本当・ウソ

▼水素水と病気について
5.糖尿病と水素水  6.メタボリック症候群と水素水

▼水素水を検討している方
7.水素水選びのポイント  8.様々な水素水商品
9.<検証結果>効果がある水素水  10.<検証結果>効果がない水素水

2013年05月05日

水素水とアルカリイオン水の違い

水素水は、水の中に水素分子(H2)が豊富に含まれた水であり、水素分子の作用によって、活性酸素の除去や20種類以上の疾患・症状に対する効果効能が認められています。
一方、アルカリイオン水は、phという水の性質がアルカリ性であり、アルカリ性の水を飲用すると特に日本人は胃腸が緩むことから、「整腸作用がある」ということが謳われていました。


アルカリイオン水とは
pH0〜6までが酸性、ph7が中性、pH8〜14までがアルカリ性とされていて、
アルカリイオン水とは、電極間を隔てた電気分解により、陰極側に集まった水酸化物イオン(OH-)を含む水溶液を飲用としたもので、
水酸化物イオンによってph9〜10のアルカリ性に変化した水のことをいいます。

水を陽極側(+)と陰極側(-)で電気分解することで、陰極側では、H2OがH+とOH-(水酸化物イオン)に分解され、OH-によって、アルカリイオン水となります。
多くのアルカリイオン水生成器では、強いアルカリ性を出すため、水に簡単に溶けOH-を発生させる水酸化ナトリウム(NaOH)を加えています。

そもそも、「アルカリイオン水」は日本が発祥で、海外の国ではアルカリイオン水が存在しないところも少なくありません。
なぜならば、日本人はもともと胃腸が弱い体質があるため、アルカリ性のものを摂取することで、胃腸に何らかの作用があるからです。

そのため、アルカリイオン水は、胃腸症状の改善として、「慢性下痢」・「消化不良」・「胃腸内異常発酵」・「制酸」・「胃酸過多」に有効であるとされていますが、医学的な根拠は不正確です。
また、アトピー性皮膚炎や糖尿病などの疾患の治療を目的として使用している例がありますが、アルカリイオン水の効果については、水素水とは異なり、医学的に証明されておらず、現在のところその効果・効能は認められておりません。

アルカリイオン水は身体にいいの?
食品によって、身体が酸性になったり、アルカリ性になったりはしないこと、アルカリイオン水を飲むことで身体の組織が変化しないことは科学的に証明されています。
そもそも、アルカリイオン水が身体にいいと信じているのは日本だけで、海外ではその存在すらほとんど知られていません。

そのため、アルカリイオン水は、身体にいいも悪いもなく、ただの水なんです。


posted by Dr. Sakurai at 01:17| Comment(0) | 3.水素水と他の水との違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。