img_bath.png


2007年の日本内科学会総会で
「糖尿病とメタボリック症候群の治療における食事療法と水素水飲用の有効性」
が発表されて以来、
当院では、多くの患者さんのご協力により、水素水の有効性に関する検証を行ってきました。
厚生労働省が発表したデータによると、糖尿病患者は300万人、
メタボリック症候群患者においては940万人にも上ります。
そのため、当院に来院できない全国にいる糖尿病やメタボリック症候群に悩まれている方々に対して、
少しでもお役に立つ情報発信が目的で、当ブログを開設しました。
当院では「水素水飲用法」(いつ、どのタイミングで、どのぐらいの量を、どれぐらいの回数飲用するか)を導入し、
多くの患者さんで多くの成果が得られています。


------ 目次 ------

▼水素水について知りたい方
1.水素水とは  2.水素水の効果効能  3.水素水と他の水との違い
4.水素水の本当・ウソ

▼水素水と病気について
5.糖尿病と水素水  6.メタボリック症候群と水素水

▼水素水を検討している方
7.水素水選びのポイント  8.様々な水素水商品
9.<検証結果>効果がある水素水  10.<検証結果>効果がない水素水

2013年05月05日

歯周病の予防・改善 | 水素水の効果効能

岡山大の森田学教授(予防歯科)らの研究チームにより、
通常の水より水素濃度が高い「水素水」を摂取すると、
歯周病の予防や治療に効果があることが、ラットを使った実験で確認されました。
その根拠は、歯周病を悪化させる活性酸素が抑えられたことに起因します。

森田学教授らの研究チームは、通常のラットと、歯周病に罹患させたラットを用意し、
さらに蒸留水を与えるグループと水素水のグループに分けて4週間観察。
通常のラットでは、蒸留水よりも水素水の方がわずかに血液中の活性酸素濃度が減った。
歯周病のラットに水素水を与えると、蒸留水より同濃度の増加を3分の1程度に抑えられたという。

これら4種類のラットの歯茎を調べると、炎症が起こる際にできる細胞や骨を溶かす細胞などの量は、
通常のラット2グループ間では差がなかった一方、
歯周病の2グループ間では、水素水を与えた方が蒸留水より半減した。

これにより、歯石除去などの治療に加え、
水素水を飲むことで、歯周病の予防、治療に繋げられることが示唆されました。
posted by Dr. Sakurai at 00:16| Comment(1) | 2.水素水の効果効能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
弊社は、抗酸化作用、抗炎症作用のる水素水をもっと日常生活に取り入れていただくために、ミネラルウォーターに取り付けて生成できるポータブルタイプの水素生成器の開発をしたものです。 先生のブログは大変興味深く拝読させていただき、大きな知識となっております。
今後の新製品開発も含め、一度お目にかからせていただく機会をいただきたく、ご検討いただければ幸甚でございます。
どうぞよろしくお願いいたします。

アンティバックジャパン
大田 律子
Posted by アンティバックジャパン 大田律子 at 2013年12月12日 18:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。